• トップ
  •  > 今月のぐんまの農業
  •  

今月の群馬の農業

県内各地の主な農産物の生産現場等の動きをご案内します。

今月のぐんまの農業

  • ダイコン干しの作業始まる  (11月中旬~)

    写真【前橋市(大胡地区等)】

    前橋市北部の農家では漬物用のダイコンを栽培しています。収穫後のダイコンを2週間ほど林の中で干す姿が、嶺、横沢、滝窪地区等で見られます。

  • シクラメンの出荷最盛期  (11月中旬~)

    写真【中部管内】

    前橋市を中心に9戸の鉢物農家が生産したシクラメン約15万鉢が、年末商材として出荷になります。

  • イチゴの出荷始まる  (11月下旬~)

    写真【前橋市】

    前橋管内のイチゴ農家では、「やよいひめ」等の出荷が、11月下旬から始まります。

  • 下仁田ネギの出荷最盛期  (11月~)

    写真【榛東村】

    榛東村では下仁田ネギの「産地化・ブランド化」に取り組み、榛東村下仁田ネギ生産組合も品質向上に向けて活気づいています。11月中旬から出荷が始まり、11月~12月に最盛期を迎えます。冷え込みが続くようになり、下仁田ネギも甘く、やわらかくなってきましたので、是非ご賞味ください。

  • ブロッコリー、キャベツの出荷始まる  (11月~)

    写真【伊勢崎市、玉村町】

    JA佐波伊勢崎管内は、ブロッコリーや加工キャベツの栽培が盛んです。8~9月を中心に定植されたものが11月から収穫を迎えます。

  • ゴボウの種まき盛ん  (11月)

    写真【伊勢崎市】

    伊勢崎市南部は夏ゴボウの産地です。夏ゴボウの種まきは10月下旬に始まり、1ヶ月程度で終了します。これから芽を出したゴボウは、冬を越し、来年の5月~8月に収穫期を迎えます。

  • アレッタの出荷始まる  (11月~)

    写真【伊勢崎市】

    11月からアレッタの出荷が始まります。アレッタは、2011年に品種登録されたブロッコリーとケールを交配した新野菜です。今後も積極的に販促活動に取り組み、面積拡大して産地化を目指しています。

  • 「上州ねぎ」の出荷始まる  (11月中旬~2月下旬)

    写真【JA碓氷安中】

    JA碓氷安中では、平成18年から下仁田ネギと長ネギの中間の特性を持ったネギの栽培に取り組んでおり、「上州ねぎ」のブランドで販売しています。このねぎは太くて長く甘みがあり、鍋料理ほか、様々な料理に使えます。100戸の農家が12ha程度栽培しています。京浜市場を始め、大阪市場にも多く出荷されています。

  • 国府白菜の収穫始まる  (11月中旬~3月上旬)

    写真【高崎市国府地区】

    高崎市(旧群馬町)の国府地区は「国府白菜」の産地として有名で、12月が出荷最盛期となります。昭和初期からの産地で独自の黄色の巻紙で包まれ、主に県内市場から近県に出荷されます。また、地区内の農産物直売所でも販売されています。

  • キウイフルーツの出荷始まる  (11月中旬~4月上旬)

    写真【甘楽富岡地区】

    11月下旬に出荷目揃い会を行い、キウイフルーツの出荷が始まります。主に京浜市場に出荷されるほか、地元の直売所でも販売されます。甘楽富岡で生産されるキウイフルーツの大半が、緑色系の「ヘイワード」ですが、直売所や道の駅には、果肉が黄色い品種や果肉の一部が赤い品種など珍しい種類のキウイも並びます。

  • 秋冬ブロッコリー出荷最盛期を迎える  (11月~2月)

    写真【JAたかさき】

    JAたかさきの管内では約60戸の生産者がブロッコリーを約14ha栽培しています。晩秋から冬にかけ長期出荷できるように品種や作型を工夫している秋冬ブロッコリーが11月から2月にかけ、出荷されます。

  • プチヴェールの出荷始まる  (11月上旬~3月下旬)

    【JA碓氷安中】

    プチヴェールは、ケールとメキャベツを交配してできた野菜です。メキャベツと同じように直立した主茎が伸長し、ここから発生するわき芽を収穫します。平成20年頃から栽培が始まり、厳寒期の露地栽培でも長期間の収穫が可能なことから、冬期の栽培品目として定着しています。

  • コンニャクの出荷最盛期  (10月中旬~12月下旬)

    写真【安中市】

    安中市の特産物であるコンニャクは約70戸の生産者が栽培しています。掘取作業は10月中旬から始まり、現在最盛期を迎えています。掘取作業は12月下旬まで行われます。

  • 国分にんじんの収穫始まる  (11月上旬~2月下旬)

    写真【高崎市国府地区】

    「国分にんじん」は鮮やかな赤い色をした可食部が60cmとなる長いニンジンです。その長さによる栽培・生産・流通・収納が難しいことから生産農家も数軒を残すまでに減少しましたが、数年前からこの歴史ある伝統野菜を復活させようと地元の農家有志が取り組みはじめ、生産量は徐々に増加しました。また、一昨年に設立された「高崎国分にんじん振興協議会」では国分にんじんの振興に取り組んでいます。今年も11月から国分にんじんの出荷が始まります。

  • 吉井町でタマネギ定植が始まる  (11月中旬)

    写真【高崎市吉井町】

    吉井町では9月に播種したタマネギの苗が、11月中旬頃から定植となります。収穫は翌年の5月下旬~6月頃に行われます。

  • カリフラワーの出荷はじまる  (11~2月)

    写真【藤岡市・高崎市吉井町】

    藤岡市・高崎市吉井町ではJAカリフラワー研究会によりカリフラワーが生産されています。現在、定番の白色のカリフラワーが出荷されていますが、12月頃からはロマネスコも収穫が始まります。

  • ホウレンソウの出荷はじまる  (11~3月)

    写真【藤岡市・高崎市吉井町】

    藤岡市小野地区は伝統あるホウレンソウ産地です。9月に種をまいたホウレンソウは、11月に収穫を迎えます。

  • 下仁田ねぎの出荷はじまる  (10月下旬~1月)

    写真【藤岡市・高崎市吉井町】

    高崎市吉井町は下仁田ネギの生産が盛んで、30戸程度の生産者が生産しています。前年の秋に種をまき、1年かけて育てた下仁田ネギの出荷が今年もいよいよ始まります。

  • 上州ねぎの出荷始まる  (11月中旬~2月)

    写真【藤岡市・高崎市吉井町】

    上州ねぎとは長ネギと下仁田ネギの中間の形状で、より身近で手に取りやすく、鍋物にも向いており、最近需要が増えている特産のネギです。下仁田ネギに引き続き、上州ねぎも出荷が始まります。

  • 特産下仁田ねぎ出荷はじまる  (11月上旬~2月上旬)

    写真【富岡市・下仁田町・甘楽町】

    200年以上の歴史と伝統がある特産下仁田ネギがいよいよ収穫期を迎えます。太くて独特の甘みがある下仁田ネギが全国に出荷されます。

  • コンニャク掘取り最盛期  (11月中旬~12月上旬)

    写真【富岡市・下仁田町・南牧村・甘楽町】

    甘楽富岡地区では、約500ヘクタールでコンニャクが栽培されています。今年は成熟期が早かったため、コンニャクの収穫も最盛期を迎えています。掘り取り作業は12月中旬頃まで行われます。

  • 特別栽培タマネギ植え付け始まる  (11月中下旬)

    写真【富岡市・下仁田町・甘楽町】

    甘楽富岡地区では、特別栽培タマネギの苗の植え付け作業が始まります。農薬と化学肥料を通常の半分以下に減らす栽培で消費者にも大変喜ばれています。

  • 食味の良いハクサイが出荷されます  (11月上旬~)

    写真【長野原町北軽井沢・応桑地区】

    この時期に標高900~1200mの長野原町北軽井沢・応桑地区で収穫されるハクサイは、平地よりも早く霜にあたり甘さが増しています。この食味の良いハクサイで、鍋料理はいかがでしょうか

  • ベニバナインゲン出荷始まる  (11月下旬~)

    写真【嬬恋村、中之条町六合地区、長野原町】

    ベニバナインゲンは高冷地のみで栽培されており、特に吾妻地域で収穫されるベニバナインゲンは他地域と比べても大粒で、地域を代表する特産品になっています。

  • 大鉢シクラメンの出荷最盛期  (11月上旬~12月中旬)

    写真【利根沼田管内】

    11月上旬から12月中旬にかけて贈答用の大鉢のシクラメンが出荷されます。利根沼田地域では夏季冷涼な気候を活かし、色鮮やかで日持ちのよいシクラメンを生産しています。9月から始まっているミニシクラメンの出荷に続き、大鉢の出荷が最盛期を迎えます。

  • 令和2年度用水稲種籾の出荷  (11月上旬)

    写真【利根沼田管内】

    利根沼田地域では「コシヒカリ」の種籾の生産を行っています。この採種ほから生産された次年度用の種子の出荷が11月1、2日に行われる最終の種子検査の後、開始されます。

  • リンゴ「ふじ」収穫最盛期  (11月中旬~)

    写真【利根沼田管内】

    利根沼田地域は県内一のリンゴの産地であり、管内の観光リンゴ園では紅葉見物等の観光客で賑わっています。そのような中、栽培の主力品種である「ふじ」の収穫が11月中旬から始まります。

  • ヤマトイモの出荷始まる  (10月下旬~)

    写真【太田市】

    太田市尾島地区はヤマトイモの生産が盛んです。葉が黄色く色づく頃が、新イモの堀り取り時期です。出荷は10月末から始まります。

  • トルコギキョウの出荷始まる  (11月下旬~7月上旬)

    写真【太田市,、館林市、板倉町】

    トルコギキョウは、近年盛んに品種改良が行われている切り花で、花色、花型の豊富さで人気があります。東毛地域はトルコギキョウの生産が盛んで、11月下旬から出荷が始まります。その後、7月にかけて主に都内の花市場へ出荷されるほか、地元の直売所でも購入することができます。

  • シクラメンの出荷最盛期  (11月下旬~12月中旬)

    写真【桐生市、みどり市、館林市、板倉町、明和町】

    東毛地域は、シクラメンの生産が盛んで、11月下旬から12月中旬にかけて出荷盛期を迎えます。この時期には直売を行っていて、温室内を散策しながら、お気に入りの逸品を購入することができます。

  • ブロッコリーの収穫最盛期  (11月~12月)

    写真【桐生市、みどり市】

    桐生みどり地域はブロッコリーの栽培が盛んです。収穫は10月から始まっており、11月から12月にかけて最盛期を迎えます。収穫は年明けまで続きます。

  • 年内出荷ハクサイの出荷始まる  (11月~12月)

    写真【邑楽館林地域】

    邑楽館林地域では、近年出荷期間の拡大及び生産者の所得向上のため、結束(頭しばり)作業の必要がない、年内どりハクサイの生産が増加しています。肌寒いと感じる日も増えてくるこの時期、体を温めるお鍋の他に定番の漬け物や中心の葉の柔らかい部分はサラダもおすすめです。

ページの先頭へ