本文へスキップ

群馬県産農畜産物のブランド化を考える女子会「ひめラボ」

ひめラボレシピrecipe

見ておいしい、食べておいしい"こんにゃくフェイクレシピ"

こんにゃくは、成分のほとんどが水分でカロリーが低く、食物繊維も豊富な食材として国内外で注目されています。
そんなこんにゃくの収穫量が年間59,700トン(平成29年産)で全国第1位、9割以上のシェアを持つ本県は、群馬県産農畜産物のブランド化を考える女子会「ひめラボ」の監修のもと、協力店舗とレシピを開発しました。

見ておいしい、食べておいしいをコンセプトにした"こんにゃくフェイクレシピ"を提案いたします。

 

「ひめラボ」監修 こんにゃくレシピ企画第1弾
こんにゃくステーキ〜ガーリックレモンバター醤油〜

こんにゃくステーキ
4人前 145kcal
こんにゃく 300〜400g(1丁)
たまねぎ 1/4
パプリカ 1/2
レモン 1/6
クレソン 適量
にんにく 1片
サラダ油 適量
調味料A
醤油 大さじ1
赤ワイン 大さじ1
調味料B
醤油 大さじ2
赤ワイン 大さじ4
バター 10g
胡椒 適量

@ こんにゃくを洗い、塩を軽く振り、キッチンペーパーで包み重しをして、3時間から1日置く。

A にんにくとたまねぎ、パプリカをみじん切りにし、サラダ油で軽く炒める。そこに調味料Aを加えアルコールを飛ばし、お皿に移しておく。

B 水気を切ったこんにゃくを4等分し、 片面に賽の目状の切り込みを入れる。

C フライパンに多めのサラダ油をひき、輪切りにしたにんにくを弱火で色づくまで揚げ焼きにし、キッチンペーパーに取っておく。にんにくの香りが付いた油にBのこんにゃくを切れ目のある面を先に下にして、両面がこんがりとするまで揚げ焼きにする。

D Cのフライパンの余分な油を捨て、そこに調味料Bを入れて強火で1分ほど煮立たせ、こんにゃくの両面にソースを絡める。

E こんにゃくをお皿に移し、Aで炒めたたまねぎ、パプリカのみじん切りを上からかけ、胡椒を振る。クレソンと切ったレモンを添え、食べる直前に絞る。

写真

【ひめラボ・コメント】
「食欲の秋」多くの食材が旬を迎え、食欲が増すこの季節!
お肉の代わりに、低カロリーで食物繊維が豊富な「こんにゃく」を使ったレシピです。 こんにゃくをキッチンペーパーで包み重しをのせ1晩おくと、弾力が出て お肉のような歯ごたえが楽しめます。
そのこんにゃくに「じゅっ」と焦げ目をつけ、パプリカとタマネギを使用したソースをかけると、 見ため、味、食感がまるでステーキに生まれ変わります。低カロリーでヘルシーなうえ、食べごたえもあります。また見ためも華やかなのでインスタ映えもします。
パプリカは県内でも生産されていますので、是非県産パプリカを使って、見ておいしい、食べておいしい「こんにゃくステーキ」を味わって下さい。

 

 

 

お問い合せ

群馬県ぐんまブランド推進課
〒371-8570
群馬県前橋市大手町1-1-1

TEL 027-226-3129